Honda Monkey Z50M

“クルマのトランクにバイクを積んでレジャーを楽しむ”という新しいライフスタイルの提案。


開発のきっかけは遊園地の乗り物の一種。

初代国内市販車モンキーZ50Mの開発のきっかけは、1961年に東京の日野市にオープンした遊園地「多摩テック」の乗り物の一種として開発されたZ100。

乗り物として開発されたZ100ですが、本格装備のほかハンドルの折りたたみというモンキーならではの機能を兼ね揃えていたZ100は、東京モーターショーに展示したところ海外から絶大な注目が集まり、1964年から正式量産市販車CZ100として主に欧州や東南アジア向けに輸出を開始しました。

輸出モデルから遅れること3年。
1967年、小さな愛らしいボディーに全く新しいバイクの楽しみ方をめいっぱい積み込んで、待望の国内市販車Z50Mが誕生したのです。

「Z100」 出典:日野観光協会・目でみる社会科。より

「Z50M」 出典:HONDA 公式ホームページより


真っ赤なフレーム、折りたたむことのできるハンドル。
かわいいチェック模様をあしらったシート。
そして空冷4ストロークエンジン。

日本では戦後の経済発展とともに、乗用車がやっと大衆に普及しはじめ、レジャーブームも到来したタイミングにこの超小型バイクZ50Mを発売。
“折りたたんでどこへでも運べる”というキャッチで、折りたためるハンドル、横転しても燃料が漏れないタンクやキャプレターなどを採用し、「クルマのトランクにバイクを積んでレジャーを楽しむ」という新しいライフスタイルを提案しました。


その小さなボディに大人の男性が乗ったユーモラスな姿も印象的。

2017年に「モンキー」は発売50周年を迎えました。


DETAILS詳細

Model year年式 1967年初期モデル
Engineエンジン 空冷4ストロークOHC単気筒
Displacement総排気量 49cc
Maximum output最高出力 2.5ps/6,000rpm
Maximum torque最大トルク 0.31kgm/5,500rpm
Dry weight乾燥重量 47.5kg


SALES PRICE車両販売価格

Price価格 850,000円(税別)※納車整備、登録諸費用別途
Vehicle inspection車検 なし

・シートはオリジナル表皮ですがテープで補強されている個所があります。
・タンク内部は錆は無くきれいな状態ですが、少し凹みと塗装の剥がれがあります。
・NITTO製の純正タイヤを装着しています。タイヤはゴムの劣化も少なく良い状態です。
・FRP製フロントフェンダーは左側面に割れがあります。
・リアタイヤもNITTO製純正タイヤです。


Honda Monkey Z50M

Product Inquiry