Moto Guzzi V7 Stone

展示車 :なし 試乗車 :なし
価格 1,188,000(税込車輌本体価格)
カラー :ルビードブラック、アイスブルー、ラメオレンジ
ルビードブラック
ラメオレンジ
アイスブルー

Moto Guzzi V7 Stone について

ご予約受付中!!入荷時期に関してはお問い合わせください。(7/21現在)

力強くミニマルなスタイルの新型V7 Stone。
初代V7の発売から50年以上を経て、モト・グッツィが世界中でイタリアンモーターサイクルを象徴する存在となり、そしてV7の歴史において新しく大きな進化を遂げています。
その進化は大きく、2007年のV7の名が復活以来採用されてきたV7 ⅡやV7 Ⅲといったローマ数字によるナンバリングはこの新しいV7には使用していません。
それでも全てのモト・グッツィのDNAに刻み込まれ、時代に関係なく受け継がれるその個性と信頼性は健在です。

マンデーロ工場から生み出される新型V7は、より優れた成熟性を持ち合わせています。
これは排気量が拡大されたエンジンに与えられてサイズの大きくなったエキゾーストシステムなど、ビジュアル面でのインパクトからも明らかです。

新型V7ではV85TTで採用されるエンジンをベースとした850ccエンジンを搭載しています。
このエンジンはマンデーロ工場で生産された最新かつ最も近代的なものであり、高い快適性、楽しさ、そして信頼性を実現するためにより優れた性能と高い効率性を提供します。
先代のエンジンと比較し、最高出力が25%アップし、52HP/6200rpmから65HP/6,800rpmまで向上しています。
最大トルクも大幅に向上し、60Nm/ 4,250rpm から73Nm/ 5,000rpmまで向上しており、3,000rpmで80%以上のトルクを発生します。

より大きなファイナルドライブギアボックス、よりワイドになったリアタイヤ、そしてより頼もしくなったKYB製リアショックアブソーバーなど、後ろからのフォルムが印象的です。
スタイリッシュなサイドパネル、そしてより短いリアマッドガードは新しいエキゾーストシステムと並んで新しい“850”の外観をセクシーに一新する要素となっています。

安定性と快適性を向上させるために多くの新機能が導入されており、モト・グッツィのベストセラー製品の軽快なハンドリングは健在です。
ステアリングヘッド周りの補強を追加したフレームはさらに進化し、トラベル量が改善された新しいリアショックアブソーバーと新しい形状のシートは、新しいライダーフットペグサポートも含め快適性を向上させます。

ヘッドライトは、モトグッツィイーグル形状のDRLを含む新しいフルLEDランプシステムを採用。

新しいインスツルメントパネルにはミニマルな外見と完璧にマッチした、デジタルのシングルメーターを採用しています。


スポーティなアルミニウム製のキャストホイールも新たにデザインされ、リアホールにはより幅の広い150/70タイヤを装着します。


調整可能なMGCTトラクションコントロール(キャンセルすることも可能)も標準装備しています。

主要諸元

エンジン 4 ストローク 空冷 90 V 型 2 気筒 OHV 2 バルブ
総排気量 853.4 cc
ボア / ストローク 84mm / 77mm
最高出力 48 kW (65 HP) / 6,800 rpm
最大トルク 73 Nm / 5000 rpm
燃料供給方式 電子制御燃料噴射システム
始動方式 セルフ式
トランスミッション 6速リターン
クラッチ 乾式単板
電子制御システム MGCT トラクションコントロール、ABS
フレーム 高張力鋼管ダブルクレードル
サスペンション(F) Φ40㎜ 油圧式テレスコピックフォーク トラベル量:130mm
サスペンション(R) ダイキャストアルミ製スイングアーム 油圧式ツインショックアブソーバースプリングプリロード アジャスタブル トラベル量:120mm
ブレーキ(F) 320㎜ ステンレスフローティングディスク ブレンボ製異径対向4ピストンキャリパー
ブレーキ(R) 260㎜ ステンレスフローティングディスク 2ピストンキャリパー
全長/全幅/全高 2,165 mm / ー mm / 1,100 mm
シート高 780 mm
ホイールベース 1,450 mm
ホイール 軽量アルミキャストホイール
タイヤ F:100/90-18" R:150/70-17"
燃料タンク容量 21 L
車輌重量 乾燥重量:198kg / 車両重量:218kg ※走行可能状態(燃料は90%搭載時) kg
製造国 イタリア

HOMEへ

03-6452-4335

住所 東京都目黒区青葉台1-29-6 101
営業時間 10:00〜19:00
定休日 毎週水曜日、第2、第4木曜日